上田桃子、最終ホール“自作自演”80センチの悲劇

スポーツ週刊新潮 2017年4月27日号掲載

 あまりにドラマチックすぎる悲劇だった。

 熊本空港CCで行われたKKT杯バンテリンレディス(優勝賞金1800万円)はちょうど1年前、熊本地震により中止になった。だからこそ、地元・熊本出身の上田桃子(30)には期するものがあった。

 初日、2日目と首位堅持。最終日も同組の2位・西山ゆかり(34)に2打差をつけ、最終18番ホールを迎えた。

 悲劇はそこで起きた。

 グリーンを囲む地元ファンは、桃子が残した80センチのパーパットをウイニングパットだと確信していた。

...

記事全文を読む