女子ゴルフ・鈴木愛、勝利の秘訣は“早起きしない”?

スポーツ週刊新潮 2016年9月22日菊咲月増大号掲載

 年に4試合ある国内ゴルフツアーのメジャー大会。それがなんとここ2年間、外国人の優勝が続いていた。その“あわや8連敗”を阻止したのは、くしくも2年前の“最後の日本人優勝者”、鈴木愛(22)だった。

 北海道の登別CCで行われた今季メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」。この大会の一昨年度覇者である鈴木は、前々週の「ニトリレディス」、前週の「ゴルフ5レディス」とも、最終日首位発進ながら逆転負けを喫していた。

「いずれもショットは上々でしたが、勝負どころでパットを外しまくってました」

...

記事全文を読む