トランプ側近「バノン」「クシュナー」闘争の行方

国際週刊新潮 2017年4月27日号掲載

 まもなく政権100日を迎えるトランプ陣営で、ついに内紛が公然化した。

「盟友であるスティーブ・バノン氏と、愛娘イヴァンカの夫ジャレッド・クシュナー氏の対立。上級顧問同士の衝突を大統領も事実と認めています」(在米記者)

 トランプ氏は、「いい奴なんだが……」とバノン氏に気を遣いつつ、「解決しろ」とメディアを通じてクシュナー氏との和解を要求。でなければ「俺が解決する」と更迭をほのめかした。

「分岐点は、シリア空爆を決めた4月6日の国家安全保障会議(NSC)です」

...

記事全文を読む