「美人すぎる市議」に結婚は追いついた「後輩グラドル市議」

政治週刊新潮 2017年4月6日号掲載

 散るべき時機があるならば咲くべき頃合いもある。2007年4月、八戸市議に初出馬・初当選以来、3期連続トップ当選を続ける藤川優里女史(37)は「美人すぎる」の肩書きで名を売ってきた。一方、1期目の久保百恵市議(31)は元グラドル。この2人が同時期に恋の花を咲かせ、図らずも後輩が追いついた恰好だ。

 ***

「3月23日、議運のメンバーらとの納会が市内の蕎麦屋でありまして。その席で藤川さんから“2月の14日に入籍しました”と報告がありました。相手は30代半ばの弁護士だと聞いてます」

...

記事全文を読む