谷原秀人が目論む下剋上 もぎ取ったマスターズ切符

スポーツ週刊新潮 2017年4月6日号掲載

 今年のマスターズには日本人が3人出場する。松山英樹(25)と池田勇太(31)、そして谷原秀人(38)である。

 谷原のマスターズ切符はまさに執念でもぎ取ったものだった。

 マスターズ出場の条件はいくつかあるが、最もポピュラーなのは「前年末の世界ランキング50位以内」だ。池田はここで切符を得たが、55位とわずかに及ばなかった谷原は、年明けから出場可能な大会に手当たり次第出場した。ハワイ、シンガポール、ミャンマー、オーストラリア、メキシコと文字通り世界を飛び回った。

...

記事全文を読む