“禁煙”法案、気を揉む自民党の愛煙家たち

社会週刊新潮 2017年3月9日号掲載

 煙(けむ)に巻こうとする厚労省に、紫煙を燻(くゆ)らして抵抗する――。

 国会が森友学園一色となる一方、自民党内で受動喫煙を巡る議論が紛糾しているのだ。担当記者によれば、

「厚労省は2020年の東京五輪を見据え、飲食店などを原則禁煙とする法案を提出する予定です。特に塩崎恭久厚労相は、“受動喫煙のない国に変える”と意気込んでいますよ」

 禁煙ファシズムというべき波に、反旗の狼煙があがっている。2月20日、赤坂の居酒屋「番屋」で、“もくもく会”なる超党派議員15名ほどの会合が開かれた。

...

記事全文を読む