安易にヒトラーの名前を出す大メディアの問題点 青山繁晴・百田尚樹の「大直言」対談④

政治2017年2月13日掲載

 1月29日朝日新聞朝刊の「天声人語」は、ナチスのユダヤ人弾圧について触れたあとで、「トランプ米大統領」「欧州の極右政治家」への懸念を示している。

 死後70余年経ってなお、最悪の政治家の代表として最も名前が登場するのがアドルフ・ヒトラーだろう。そういえば、安保法制の議論が盛んだった頃には、安倍首相に対しても「ヒトラー」を持ち出して批判する人が少なからずいた。

 しかし、安易にヒトラーを持ち出すのはおかしい、と指摘するのは参議院議員で作家の青山繁晴氏と作家、百田尚樹氏だ。

...

記事全文を読む