斎藤佑樹、“仕事始め”は国産SUV エースナンバー「18」剥奪

野球週刊新潮 2017年1月19日号掲載

“ハンカチ王子”が甲子園を沸かせたのは2006年夏のこと。“十年ひと昔”とはよく言ったものだ。時の流れに愕然とする方も多いのではないだろうか。

 ご当人、斎藤佑樹(28)の胸中はいかばかりか。

 10年秋、日本ハムにドラフト1位で入団。まばゆいばかりの輝きを放っていた彼はエースナンバー「18」を託された。

 だが、今年から斎藤の背番号は「1」に変わった。高校・大学時代に背負った“背番号1の復活”と言えば聞こえはいいが、実情は“エースナンバー剥奪”以外の何物でもない。

...

記事全文を読む