北方4島返還の好機「ソ連崩壊」を逃した“戦犯政治家”は

政治週刊新潮 2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号掲載

 プーチン大統領が北方4島を返還する素振りは全く感じられなかった。つまり、身も蓋もない言い方をすれば、今回の会談はそもそもが無駄だったことになる。ならば、ここは敢えて後悔してみよう。「今」ではなく「あの時」だったらと。

 ***

 十年一昔なのであれば、北方領土交渉は「六昔」もの歴史を刻んできたことになる。その間、ロシア西部を流れる欧州最長のボルガ川にも似た「大河ドラマ」が展開されたわけだが、そこには幾つかのエポックメーキングな出来事があった。

 1956年の日ソ共同宣言、93年の東京宣言、98年の川奈合意、2001年のイルクーツク声明。

...

記事全文を読む