日露首脳会談、プーチンの大遅刻に日本が抗議しなかったワケ

政治週刊新潮 2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号掲載

 日露戦争を描いた司馬遼太郎の『坂の上の雲』。そのなかで、ロシアで迫害されたユダヤ商人がこうつぶやいている。〈残念ながら、ロシア王室には約束を守る習慣がないのです〉。王室のみならず、プーチン大統領にもその習慣がないようで、約束の時間より2時間半遅れで山口宇部空港に到着した。非礼といわざるをえないが、それでも抗議しなかったのはなぜか。

 ***

 ロシアの大統領報道官は、遅刻の理由を“シリア問題を協議していたためで、日露首脳会談の日程には影響はない”と説明した。

...

記事全文を読む