がん補習講座 米国では6割が選ぶ放射線治療、日本では3割弱――中川恵一(東京大学医学部附属病院准教授)

ライフ週刊新潮 2016年10月6日号掲載

 長寿大国として知られる日本だが、欧米でのがん・がん死が減少傾向にあるのに比べ、がんによる死者は増え続けるばかり。その背景には、間違った情報や迷信が日本人の固定観念になっていることがあった。子供たちに正しい知識を授ける「がん教育」が全国の学校で始まるのに先立ち、東大准教授の中川恵一氏が、大人のための「補習講座」を開講。前回紹介した「原因」「予防」に続き、今回は「治療」を説く。

 ***

 さて、これまでは検診の重要性について述べてきました。しかし、授業ではがんが見つかってからのことも教えます。

...

記事全文を読む