白血病・悪性リンパ腫に「キメラ抗原受容体」 寛解率100%の例も

ライフ週刊新潮 2016年11月10日神帰月増大号掲載

 遺伝子操作で免疫細胞に組み込まれた人工のアンテナ。これががん特有の抗原を捉えると、免疫細胞はみるみる増殖して兵力アップ、がん細胞を次々と攻撃し始める。白血病や悪性リンパ腫に効果をもたらす「キメラ抗原受容体」免疫遺伝子療法は、英語の頭文字をとり、「CAR―T細胞療法」と呼ばれる。メガファーマやベンチャーがこぞって開発競争に参戦。熾烈極まる“CARレース”の行方は――。

 ***

「なぜ、うちの子にこんな酷いことが起きているのか」

 父親は不条理に怒り、母親は涙に暮れた。

...

記事全文を読む