千代大海、「千代の富士」未亡人との間に隙間風 千秋楽パーティーを巡り

スポーツ週刊新潮 2016年12月15日号掲載

 各相撲部屋が本場所の最終日に催す「千秋楽打ち上げパーティー」は歴とした興行で、部屋の大事な収入源の1つ。親方が主体となって客を集めなければならないが、あまりに動きが鈍いので不興を買っている人物がいる。先代の元横綱・千代の富士から九重部屋を受け継ぎ、新九重親方となった元大関・千代大海(40)だ。

 ***

 先代が死去してから4カ月余り。10月1日には両国国技館で「お別れ会」も行われ、そろそろ部屋の運営を軌道に乗せなければならない千代大海なのだが、

「現状では、彼による部屋運営はうまくいっているとは言い難い。

...

記事全文を読む