「誰?」相撲中継に映った謎の“和装女性”4人組

社会週刊新潮 2016年9月29日号掲載

 秋場所3日目。国技館は落胆ムードに包まれた。綱とりの期待がかかる稀勢の里(30)が2敗目を喫したのだ。しかし、観客席の一角だけはずっと華やかムード。

 テレビで観戦していた相撲ファンの話。

「向正面左側の溜席に、和装の美しい女性が4人並んで座っていたのです。特に右端の若い女性は、鬘を被り、白粉まで塗っていて目を引きました。東側の力士の表情がアップになるたびに、その女性の顔も同時に何度も画面に映り込む。時に眠そうな表情も見せるのですが、それも可愛らしくて」

...

記事全文を読む