羽生結弦を脅かす新星・宇野昌磨 祖父は世界的洋画家

スポーツ週刊新潮 2016年12月8日号掲載

 ジャンルはまるで異なれど、ともに「美の探究者」であるのは間違いない。群雄割拠の男子フィギュアスケートで、羽生結弦(22)のポジションをうかがう新星・宇野昌磨(18)。祖父は高名な画家だというから、華麗な滑りも頷けるのだ。

 ***

 目下“絶対王者”の羽生に肉迫している宇野は、中京大学1年生。スケート担当記者が言う。

「シニアに参戦した昨年はグランプリ(GP)ファイナルに初出場。羽生、スペインのフェルナンデスに次いで3位でしたが、今年は4月の『チームチャレンジカップ』で世界で初めて4回転フリップを成功させました。

...

記事全文を読む