浅田真央、GPシリーズ惨敗 険しい五輪出場への道

スポーツ週刊新潮 2016年11月24日号掲載

 光と影とは、つねに対をなす。名声を博した者が引き際を見誤れば、それは痛々しく映るだけである。1年間の休養を経て昨年5月に現役復帰した浅田真央(26)が、このたび惨敗を喫した。自身が「最終目標」と位置付ける五輪出場への道は、やはり険しく……。

 ***

 さる11日から開催されていた、グランプリ(GP)シリーズ第4戦フランス大会。浅田は初日のSP8位に続きフリーでも振るわず、シリーズ自己ワーストの9位に終わった。フィギュア担当記者が言う。

「今シーズン初戦となった10月上旬のフィンランディア杯の後、佐藤信夫コーチが『昨季から左膝を痛めている』と明かしました。

...

記事全文を読む