ドナルド・トランプと「女性」 デート相手には“HIV検査”義務付け、秘密兵器は元モデル長女

国際週刊新潮 2016年11月24日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 数々の女性蔑視発言で批判を浴びてきたドナルド・トランプ氏(70)。そんな次期大統領は、現在の妻メラニアさん(46)以前に、2度の結婚歴があることで知られる。

 最初の妻イヴァナさんには“夫婦以外の異性との肉体関係も認め合おう”と提案し断られ、不倫相手だった2人目の妻マーラさんと再婚した。

 だが、意外にも“交際条件”は厳しいようで、

「90年代初め、新妻がいる前でのインタビューで“デート相手の女性には用心のためにHIV検査を求めている”と語ったんです」(在米ジャーナリスト)

イヴァンカさんとトランプ氏

 そんなトランプ氏が最も信頼し、選挙戦でも的確なサポートをしたのも、また女性だ。最初の妻との娘である、元トップモデルのイヴァンカさん(35)である。

 イヴァンカさんは、ユダヤ教徒である夫との結婚前に、自身も改宗し、安息日には家族と過ごすなど敬虔な生活を送っている。

 マイノリティに厳しいはずのトランプ氏だが、

「彼に影響を与えられる数少ない人物」(同)

 は、身内のユダヤ教徒だったのである。

 ***

 11月17日発売の「週刊新潮」では、25の疑問に答える形で“トランプ大統領”を特集。「24時間300名体制によるSP警護の実情」、「“白人低所得層が勝たせた”というデマ」、「安倍総理との関係構築の可能性」などについて明らかにするほか、“トロフィー・ワイフ”3人の美人妻のグラビアページも併せて掲載する。