女子刑務所の「同性愛」「イジメ」「グルメ」事情 ――「組長の娘」の告白

国内 社会

  • ブックマーク

「ワシの女になれや」

(3)同性愛

「大学では、男役をトイチ、女役をハイチ言うんや。こいつらは、トイレの中でキスしたり、布団(ふとん)の中で『ドウキン』いうて、乳繰り合うわけや。
 もちろん、うちも誘われたわ。
 オババから
『おい、班長! ワシの女になれや』
 言われたりな。
 もちろん、
『うち、そんなんやないんやで』
 言うて、彼女か彼か知らんけど、恋心傷付けんように、丁重にお断りしたがな。
 そらな、男でも女でも、動物やからな、性欲はある。
 トイレのブラシが恋人やった女もおった」

 中川さんのしゃべりが軽妙なため、同書で描かれる「大学」生活は、思ったよりも深刻なものではない。しかし、もちろん、実際には決して楽しいものでもないし、他人に勧められるものではない。中川さんも、「入学」を深く反省している。

 そして、こうした経験をもとに、彼女は現在、カタギとして働きながら、罪を犯した人の更生のためにも尽力をしているのだ。

デイリー新潮編集部

2016年11月15日掲載

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]