山下達郎はなぜ「ルージュの伝言」でコーラスをつとめたのか

芸能 2016年11月15日掲載

 ポップ・ミュージックの世界では、意外な大物がコーラスをつとめている例がときおり見られる。

 ザ・ビートルズの「愛こそはすべて」では、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとキース・リチャーズがコーラスに加わっているし、一方でストーンズの「この世界に愛を」では、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが返礼とばかりにコーラスに加わっている。この「この世界に愛を」をカヴァーした坂本龍一ヴァージョンでは、ザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンがコーラスをつとめているのを知っている人は、なかなかのマニアかもしれない。

...

記事全文を読む