イスラム国からの奪還開始も、「大都市モスル」が抱える難題

国際週刊新潮 2016年11月3日号掲載

 ついにモスル奪還作戦始動だ。石油を産出し、150万とも言われる人口を擁するこの大都市は過激派組織「イスラム国」に2014年来、イラク国内の最大拠点として支配されてきた。

「イスラム国にとってここはイラク国内における最後の都市部拠点ですが、陥落は時間の問題でしょう」

 とは、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏。

「イスラム国は自爆攻撃や仕掛け爆弾で抵抗していて、今後は化学兵器を使用する可能性もありますが、兵力差は圧倒的。米軍は数週間以上かかると言っていますが、遅くとも年内にモスルは奪還されそうです」

...

記事全文を読む