金本阪神のドラフトに“アホやな” 佐々木の単独指名ならず

野球週刊新潮 2016年11月3日号掲載

「その瞬間、300人集まったチャペルが水を打ったように静まり返った」

 と語るのは、ドラフト会議当日の10月20日、桜美林大学に駆けつけたスポーツ紙記者。お目当ては、首都大学リーグ初Vの立役者、佐々木千隼(ちはや)投手(22)だった。

「ドラフトの“待ち”は通常、会議室などで報道陣だけかせいぜい野球部員がいる程度。でも、桜美林大の“待ち会”は、テレビ局アナウンサーが司会を務め、日米野球での彼の雄姿が上映されるなど、さながらワンマンショーでした」(同)

...

記事全文を読む