「JR九州」大躍進の秘密は、乗客をワクワクさせる「物語力」にあった!

社会 2016年11月1日掲載

 九州旅客鉄道(JR九州)が10月25日、東京証券取引所第1部に上場した。上場初日の取引は、売出し価格を19%上回る3100円の初値、まずまずの結果だったといっていいだろう。JRグループで4社目の上場となった同社の上場は、上場済みの東海旅客鉄道(JR東海)、東日本旅客鉄道(JR東日本)や西日本旅客鉄道(JR西日本)の場合とは異なる。その3社に比べると、圧倒的に不利な企業環境で発足したという経緯がある。3島3社(北海道、四国、九州)は、旧国鉄の赤字路線を多く抱えて発足し、鉄道事業のみでは赤字経営から脱することができなかった。

...

記事全文を読む