三浦九段の疑惑、使用したと見られるソフトで検証してみると…

社会週刊新潮 2016年10月27日号掲載

 将棋界のトップクラスに君臨する三浦弘行九段(42)が真剣勝負の最中、こっそり将棋ソフトに頼るなんてことはにわかには信じられない。だが、日本将棋連盟の幹部によれば、三浦九段が使っていたと見られる将棋ソフト「技巧」で確認してみると、終盤における棋譜と93%の一致率を見せたという。

 ***

 そもそも、将棋界に大きな波紋を生じさせた将棋ソフトなるものは、いつから世の中に出てきたのか。

 世界初の将棋ソフトは1975年、のちにコンピュータ将棋協会会長となる、早稲田大学の瀧澤武信教授をメインプログラマーとしたチームによって開発された。

...

記事全文を読む