スマホ使用疑惑の三浦九段、将棋ソフト「技巧」との一致率は93%

社会週刊新潮 2016年10月27日号掲載

 濡れ衣を着せられたのか、それとも、本当に“禁断のツール”に手を出してしまったのか。

 日本将棋連盟は10月12日、トップ棋士の1人である三浦弘行九段(42)を、年内の公式戦出場停止処分にすると発表した。対局中、スマホで将棋ソフトを不正利用していた疑いがあるからなのは、ご存じの通りだ。

 三浦九段の先輩にあたる、ベテラン棋士が明かす。

「発火点は、7月26日に行われた竜王戦決勝トーナメントの準決勝戦、久保利明九段との対局です。中盤に押され気味だった三浦九段が終盤に形勢逆転し、92手目で接戦を制した。

...

記事全文を読む