長谷川豊アナが炎上…年間1.6兆円「人工透析」の実態

エンタメ週刊新潮 2016年10月20日号掲載

「暴論」とは文字通り、乱暴な議論のことであるが、結果的に、蓋をしておきたい何かを「暴く」論となることもありうる。先頃、フリーアナウンサーが発した暴言も、その是非とは別に、日本の「人工透析」が抱える恐ろしい実態の一端を炙り出したのは確かである。

 ***

 その長谷川豊アナ(41)がブログに記したのは、

〈自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!〉

 という発言であった。

...

記事全文を読む