菅直人元首相が蓮舫代表に近づく理由 次期選挙に出る気満々?

政治週刊新潮 2016年10月13日神無月増大号掲載

 中国の兵法書「孫子」に「兵は詭道なり」という言葉がある。戦は騙し合い、政治の世界なら尚のことだが、欺くにはそれだけの理由もある。代表選で他陣営を支援しながら、蓮舫代表に近づいたのは菅直人元総理(69)。そこにはある事情があって……。

 ***

「納得できない判決だ」

 9月29日、菅元総理は安倍総理を相手に起こした “メルマガ裁判”の高裁判決に敗れ、こう語った。福島第一原発への海水注入について批判され、名誉毀損で訴えていたのである。政治部記者の話。

...

記事全文を読む