ザッカーバーグ、3000億円投入で“病気根絶”宣言

国際週刊新潮 2016年10月6日号掲載

 1億円あったら何に使おう――汲々と日を送る小人にとっては1億円でも充分夢を馳せるに足る金額。だが、世界第6位の富豪ともなるとケタが違う。それも1ケタでなく3ケタ違うのだから開いた口が塞がらぬ。

 フェイスブックの創業者、マーク・ザッカーバーグ(32)が9月21日、妻で医師のプリシラ・チャン(31)と会見に臨み、「2100年までにすべての病気を根絶する」とぶち上げた。注ぎ込まれる金額は10年間で30億ドル(約3000億円)。若き富豪は「病気治療の支出に比べ、病気にならないための研究費はわずか50分の1だ」として“バイオハブ”と称する研究施設を立ち上げる、そこで疾病治療の新たなテクノロジーとツールを開発するため基礎科学研究を行う、医学者、コンピュータ科学者、エンジニアらの世界的ネットワークを構築する、という。

...

記事全文を読む