ダイエット、見習うなら「メキシコ人」より「フランス人」? ドクター秋津がジャッジ! 健康長寿の新常識

食・暮らし週刊新潮 2016年9月22日菊咲月増大号掲載

 総合内科医の秋津壽男(としお)医師(62)のジャッジの下、これまで様々な健康長寿の新常識を紹介してきた本シリーズも、今回で最終回である。

 ***

 糖質やカロリーの話の流れから、最後は皆さんの関心の高いダイエットに関する設問で締めましょう。

■【Q10 「フランス人」と「メキシコ人」ダイエットで見習うべきはどっち?】

 フランス料理といえば、バターや生クリームを使った高カロリーのイメージが強い。一方のメキシコ料理は小麦やトウモロコシの粉を焼いたトルティーヤやアボカドといった食材が頭に浮かぶ。

...

記事全文を読む