大正天皇は摂政となった皇太子に、「印」を手渡すのを拒んだ……天皇の退位について考える

社会2016年10月6日掲載

 8月8日のビデオメッセージで、天皇陛下は、生前退位への強い思いを示唆された。「国民の理解を得られることを、切に願っています」との陛下のご意向を受け、9月23日、生前退位を検討する有識者会議のメンバーが決まった。86歳の今井敬経団連名誉会長を座長に6名。外部の専門家からも意見を聞き、提言を取りまとめる。政府は特別措置法で今上陛下に限り、退位を可能にする方針だという。

1.了承していたはずの大正天皇が……

 大正10(1921)年11月25日。

...

記事全文を読む