〈生前退位 私の考え〉「ヴァイニング夫人」の教え――明石元紹(ご学友)

社会週刊新潮 2016年7月28日号掲載

 陛下は子どもの頃から、視野の広さや物を見る高さが違っていたように思います。人はどうしても自分の立場にしがみついてしまうものですが、陛下には生まれながらに背負った宿命がある。だからこそ陛下には私利私欲が全くありませんでした。小さな頃というのは、誰しも自己中心的になりがちですが、陛下は「人のために」という視点でいらっしゃいました。

 報じられている通り、陛下は全ての公務に全力で取り組んでおられます。昔から真面目で、いいかげんなことが嫌いで、何に対しても正面から向き合うところがありました。

...

記事全文を読む