木村沙織が引退 “中田新監督”で女子バレーはどうなるか

スポーツ週刊新潮 2016年9月1日号掲載

 どうにか1次リーグは突破したものの、8月16日の準々決勝では米国に完敗、5位に終わった女子バレー。次回は開催国枠での出場が約束されているのだが、新体制作りは焦眉の急である。

 ***

 米国戦を終えた主将の木村沙織は、

〈今後のことは何も考えていない〉

 と、自身の進退について明言を避けた。スポーツ紙デスクが言う。

「ロンドン五輪で銅を獲った直後にトルコリーグへ移籍した木村は、1シーズン限りで引退するつもりでした。が、眞鍋政義監督から直々に代表チームの主将を託され、熱意にほだされて現役続行を決めたのです」

...

記事全文を読む