“スマホ片手”に沸く上野 「ポケモン」「ポール」影響で

食・暮らし週刊新潮 2016年8月11・18日夏季特大号掲載

 桜満開の春ならいざ知らず、青葉生い茂り、太陽照りつける真夏の上野公園に、黒山の人だかりという現象が起きている。

 7月17日にル・コルビュジエ作の国立西洋美術館が世界文化遺産に登録されたことも大きな要因だが、今、彼の地に強力に人を引き付けているのは、ふたつの“P”の存在だという。

 まずはひとつめから。

「スマホゲーム『Pokémon GO』です。リリース直後から、他の場所では入手できないレアなポケモンが公園内に“生息”しているとの情報がネット上で広がり、プレイヤーが押しかけています。

...

記事全文を読む