トランプの支持率急落 “メキシコ人”発言がきっかけ

国際週刊新潮 2016年7月14日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 メキシコ系不法移民を「レイプ犯」と決めつけ、身体障害者の記者を奇声と誇張したモノマネで揶揄、気に入らない女性にはデブ、ブタ、イヌ、売春婦。自身が詐欺疑惑で訴えられれば連邦判事まで“メキシコ人”呼ばわりする“暴言王”ドナルド・トランプ(70)。

 その差別的言辞にもかかわらず“旋風”に乗って米大統領選の共和党予備選を圧勝、あとは11月の本選を待つばかりかと思えば、向い風に見舞われている。

“暴言王”ドナルド・トランプ

「6月以降、世論調査でのトランプの支持率が急落しています。5月には民主党のヒラリー・クリントンを上回る支持を得ていたのに、6月下旬のロイターの調査ではヒラリーに13ポイントもの差をつけられています。ワシントン・ポストとABCニュースの合同調査でも12ポイント差。ここにきてトランプ陣営が意外な低迷です」(国際部記者)

 今回の世論調査は死者49人を出したフロリダ州オーランドの銃乱射事件後。

 昨年のトランプは“メキシコ国境に〈万里の長城〉を作る”などと暴論を繰り返し、自ら話題を提供して支持を集めた。昨年秋に支持率が下降した際は、パリ同時多発テロ直後に“イスラム教徒は入国禁止にすべきだ”と発言、批判されながらも支持率は持ち直し、以後、独走。今回は“銃規制反対”などとぶち上げたが効果なし――。“有事”に支持率を伸ばすのがトランプ流ではなかったか。

 外交ジャーナリストの手嶋龍一氏は言う。

「6月初めに、判事を“メキシコ人”呼ばわりしたのが効いています。明らかな人種差別で、自身に不利な状況を相手の人種や民族のせいにするのは米国社会で最もタブーとされること。一時はトランプ支持でまとまるかに見えた共和党も、これでまとまらなくなってしまった。何より、英語で判事はJustice。この言葉の持つ意味は重いのです」

 支持率の差が2桁を超えると失速の兆候と見てよいそうだが、英語でトランプ(trump)は「切り札」の意。逆転の奥の手(ジョーカー)は自分自身とトランプが思っているなら、ジョーカーを持っている方がババ抜きでは負けということも忘れない方がいい。