剛力彩芽が総理の料理番に 辻調理師専門学校の講師のもとで特訓中

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 剛力彩芽(23)が歌手を封印し、今度は料理人に?

 天皇ならぬ、総理大臣の料理番になるためである。7月スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」(23時15分~※一部地域を除く)で、吉田茂首相以来70年ぶりに復活した総理直属の料理人を演じるのだ。

 原作は2006年から10年まで「週刊コミックバンチ」に連載された「グ・ラ・メ!〜大宰相の料理人〜」(新潮社刊)で、今回が初の映像化。原作者の西村ミツル氏は、同じ金曜ナイトドラマ枠で平均視聴率10・8%を叩き出した「信長のシェフ」の原作者であり、なにより在ブルネイ日本大使公邸、在ベトナム日本大使公邸で公邸料理人を務めたプロなのである。

 だからこそ、剛力に務まるのか心配だが、

「原作では主人公・一木くるみは料理の腕は天才的ですが、キャラクターはけっこうおっちょこちょいでしたからね。それほど違和感は感じないのではないでしょうか。また料理の方は、『みをつくし料理帖』(12年・テレ朝)の中川慎子プロデューサーがいるから心配ないでしょう」(芸能記者)

 脇を固めるのは、大河「真田丸」の秀吉から首相役に転身する小日向文世、政務担当秘書官に滝藤賢一、総料理長に高橋一生、とクセのある役者達に加え、13年度ミス・ユニバース日本代表で、初のドラマ出演となる松尾幸実。

「剛力は辻調理師専門学校の講師のもと、料理の猛特訓中だそうですよ」(同)

 一皮剥けるか?

週刊新潮 2016年6月23日号掲載