安倍総理の体調のトラウマ…「選挙のことを考えるとお腹が痛くなる」と周囲に

政治週刊新潮 2016年6月2日号掲載

 国政選挙と安倍総理。このふたつのキーワードを掛け合わせて気になるのは、選挙結果という数字だけではない。第1次政権時のあのトラウマ、腹痛(はらいた)――。過度なストレスにより、再び我が国のトップの体調に異変が起きかねないのである。

 ***

「おかげさまで体調がいい」

 5月22日、大相撲夏場所で優勝した横綱の白鵬に、内閣総理大臣杯を手渡した安倍総理は、その直後に記者団にこう語った。確かに重さ40キロにもなる杯を、よろけることもなく独力で持ち上げたのだから、自身の体調に自信を持つのも無理はない。

...

記事全文を読む