自民・二階会長の長男が落選 進次郎を送り込むも“息子は頭を下げない”と評判

政治週刊新潮 2016年6月2日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 父の待つ“二階”ならぬ政界への階段は閉ざされた。5月22日、人口わずか2万5000人の和歌山県御坊市長選で、二階俊博自民党総務会長(77)の長男・俊樹候補(51)が敗れたのだ。

二階俊博自民党総務会長

「二階さんの地元秘書だった俊樹氏は市役所職員を怒鳴りつけるなど、横柄な態度で知られ、評判は最悪。立候補表明後、『彼には任せられない』と現職市長の柏木征夫氏(75)も出馬することになった。結果、保守系の市議が分裂し、怪文書も撒かれる泥仕合となりました」(地元記者)

 告示前から劣勢とされていたゆえ、

「国会中にも拘らず、二階さんは本会議を欠席し、17日から地元に張り付きました。国会議員を続々送り込み、その数は20名以上に上ります」(同)

 稲田朋美政調会長、森山裕農水大臣、さらには小泉進次郎農林部会長まで。19日に演説した小泉氏は、

「皆さんの力を俊樹さんに」

 と訴えたが、聴衆は“息子は頭を下げないからねえ”とぼやいていたという。地元政界の関係者が言う。

「これだけの議員が投入されて、逆に反感を買う結果に。結局、二階ブランドに疵(きず)をつけることになってしまいました」

 俊樹氏の得票は柏木氏のわずか6割の約5800票。戦は終わっても、禍根が残った。自民党関係者は、

「告示前、二階派の例会で伊吹文明さんが“会長の息子さんが落ちたというんじゃ、みっともない。ひとつ、よろしく”と話し、事実上派閥にも号令がかかっていました。宮崎謙介氏など二階派の不祥事が出ていた中で、息子の市長選で異例の人員を投入し、“選挙の私物化”という批判も出てきている。今後、総務会長は退任という運びとなるでしょうし、二階派の求心力低下は避けられません」

 さらに、

「二階さんの後継として、東京で秘書を務める三男が衆院に出馬するとも言われていますが、分裂した市議はすぐ元のサヤには戻れない。世耕さん待望論も地元から出てくるでしょう」(同)

 永田町の“ラスボス”にラストが近づいている。