デイリー新潮

社会

小保方晴子さんも癒やされた、瀬戸内寂聴の「受け入れる力」

 STAP細胞論文の不正問題をめぐって理化学研究所を退職した小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんの対談が、5月24日発売の雑誌「婦人公論」に掲載された。

 手記『あの日』を発表した際にも姿を現さなかった小保方さんだが、瀬戸内さんの呼びかけに応え、約2年ぶりにメディアの前に現れたことは、大きなニュースになった。

...

記事全文を読む

  • 2016年5月27日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事