ドリル小渕優子 元秘書2名が有罪判決を受けた「疑惑の観劇会」復活へ

政治週刊新潮 2016年5月19日菖蒲月増大号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 小渕優子・元経産相(42)の元秘書が起訴されたのはちょうど昨年のGWのことだった。それから1年。このGWに新聞に躍ったのは、事件の舞台装置となった「観劇会」の復活である。その間、ご本人は国会質問ゼロ。事件を受けてなお“姫”の感覚は、世間から大きく逸脱したままである。

 ***

小渕優子・元経産相

「再開」の一報があったのは、4月26日のこと。その前日に開かれた後援会女性部の役員会で、〈「観劇会」を、本年度中にも再開する方向で調整〉(上毛新聞)することが決まったのだという。小渕氏サイドが、事務所の長年にわたる“裏金”の帳尻合わせのため、観劇会の収入を実際より低く政治資金収支報告書に記載してきたのは周知の通り。一昨年10月、このゴマカシが発覚し、小渕氏は大臣を辞任。元秘書2名が有罪判決を受けたのだ。

 なぜこの“ブラックイベント”が、昨年1度の中断を経ただけで、再び日の目を見ることになったのか。

 主催者である女性部のトップに尋ねると、こんな論理を展開する。

「熊本の大震災のように、私たちだって積み上げてきたものがガラガラ崩れ落ちてしまった。優子さんには説明責任を1年、きちんと果たしてもらったので、そろそろ活動再開を、となった時に、観劇会の復活もありじゃないかとの声が出たの。散々叩かれましたけど、今時あんな大きな会をやれる後援会なんてないわよ。私たちが悪いことをしていたわけじゃないし」

 確かに不正は小渕事務所が行ったことで女性部は関与していない。しかし、早々の再開により、小渕氏自身が事件後何度も述べる「反省」の度合いが疑われることには、思いが至らないのだ。

 それどころか、その話し合いの席には、

「優子さんもいましたよ」(同) 

 と言うから、当の小渕氏自身、堂々復活を公認したというワケ。これでは、

「本人自身が全く無反省なんだよ。甘過ぎるの一言」(政治評論家の屋山太郎氏)

 と言われても仕方あるまい。

■検察に呼ばれて…

 仮に、大臣辞任から600日ほどの間、小渕氏が代議士の職責を地道に全うしてきたのであれば、まだ見方は変わったであろう。

 しかし、自民党関係者によれば、

「辞任後、以前よりはまめに地元の集会に出たり、後援者を訪問したりはしています。しかし、東京では存在感ゼロ。当初は決算行政監視委員会、今は外務委員会に所属していますが、席に座っているだけで質問ゼロ。質問主意書や議員立法も含め、国会の場において、政策へのタッチが見えないのです」

 これで年1500万円以上の歳費を手にし、さまざまな議員特権を享受しているのだから、何をかいわんやである。

 小渕氏の事務所に観劇会への疑問をぶつけると、

「今後もご支援いただいている皆さまとよく話し合いながら法令順守を第一とした政治活動を徐々に再開して参りたいと思います」

 と“やる気”を隠さないけれど、当の後援会からのこんな“声”をご存じか。

「あの事件では、参加者まで検察に呼ばれていろいろ質問されてとても怖かった。ホントに再開するつもりなのかしら」(女性部会員)

「みんな検察に懲りちゃってるから“もう行かない”って人ばっかりだよ。きっとやったって人は集まらねえよ」(男性後援者)

 この5月14日は、亡父・恵三元総理の十七回忌。しかし、その愛娘の行く末は、「綱渡り」どころか、転落の速度をますます速めていきそうなのである。

「ワイド特集 風薫る日に綱渡り」より