ドリル小渕優子 元秘書2名が有罪判決を受けた「疑惑の観劇会」復活へ

政治週刊新潮 2016年5月19日菖蒲月増大号掲載

 小渕優子・元経産相(42)の元秘書が起訴されたのはちょうど昨年のGWのことだった。それから1年。このGWに新聞に躍ったのは、事件の舞台装置となった「観劇会」の復活である。その間、ご本人は国会質問ゼロ。事件を受けてなお“姫”の感覚は、世間から大きく逸脱したままである。

 ***

「再開」の一報があったのは、4月26日のこと。その前日に開かれた後援会女性部の役員会で、〈「観劇会」を、本年度中にも再開する方向で調整〉(上毛新聞)することが決まったのだという。

...

記事全文を読む