高飛び込みの金メダル有力候補 板橋美波しかできない「前宙返り4回半抱え型」

スポーツ週刊新潮 2016年5月5・12日ゴールデンウイーク特大号掲載

 世界でも、高難度の大技「前宙返り4回半抱え型」を繰り出せる女子は、板橋美波選手ただ一人。弱冠16歳にして、リオ五輪高飛び込みの金メダル有力候補という超新星となって現れたのである。とは言っても、普段は、漫画やJ-POPの好きな高校2年生なのだ。

 ***

 高飛び込みは、異なる演技を5回披露し、総合点を争う競技。一躍、板橋選手が脚光を浴びるようになったのは、昨年6月の「日本室内選手権」で、404・20というハイスコアを叩き出してからだった。

 前回のロンドン五輪では、陳若琳選手(中国)が422・30で金メダルに輝き、366・50のブローベン選手(オーストラリア)がそれに続いた。

...

記事全文を読む