日本代表もサポーターもご注意を! ブラジルのえげつない渋滞事情

スポーツ

リオのホテルの一室で、熱く語るヒクソン・グレイシー。

 昨年(2013年)の2月、格闘家のヒクソン・グレイシーに会ってきました。
 ブラジル、リオ・デ・ジャネイロにて。
 もちろん彼の本を作るためです。3日間、5時間ずつ、びっしりと話を聞きました。
 その際私はブラジルで、今まで生きてきたなかでいちばんひどい渋滞に遭遇することになったのでした。
 そもそも行きの道中から、波乱含みの旅でした。
 日本からブラジルへは直行便がありません。私はアメリカ・ダラス経由の乗り継ぎ便を選び、10時間以上のフライトを2回繰り返して行くことにしました。
 ところが、ダラス空港に降り立ってみると、私が乗り継ぐはずの便のところには“cancelled”の文字が表示されています。
 ???
 一瞬、目を疑いましたが、日本語で言うと、つまりは「欠航」。今後の取材スケジュールを考えると、頭の中はもうほぼ真っ白です……。が、カウンターにいた航空会社のおばさんが、ダラス→サンパウロ、サンパウロ→リオというふたつの便の席をすばやく確保してくれて、事なきを得ました。
 結局、成田空港を出発してからリオの空港に到着するまで、なんと32時間。2回の乗り継ぎの末にようやく到着したのでした。

 しかし私には、まだまださらに厳しい試練が待っていました。それは帰路のタクシーの中でのことでした。
 リオの空港では、セキュリティーチェックや出国審査が非常に混雑するという話は事前に聞いていました。空港には出発時刻の3時間前には到着していないといけない、ということでした。
 ホテルから空港までは、タクシーで30~40分ほどの距離です。しかし、リオの交通渋滞はなかなか強烈なので、最悪のケースとして1時間半くらいかかることも考え、フライトの4時間半前にホテルを出ることにしました。
 ホテルのフロントでタクシーを頼むと、「今、普通のタクシーは出払っていて呼べない。でもエグゼクティブタクシーなら大丈夫。値段は少し高くなるけどいいか?」と言われました。この際、値段のことなど構ってはいられません。
 タクシーが来ると、確かにそれは“エグゼクティブ”らしく、なかなか立派そうな車でした。運転手はちゃんとネクタイを締めています。

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]