「天皇陛下の癌」真の病名を国民に知らせるべきか?〈がん告知を主張した医師の遺書 初公開(3)〉

社会週刊新潮 2016年3月3日号掲載

 昭和62年9月、手術に伴って行われた「病理組織検査」によって、昭和天皇のがんが明らかになった。しかし医師団の方針により、その真実は秘されることに。これについて、検査を担当した東大医学部・浦野順文教授は〈誠に恐れ多いことながら、陛下御崩御の後には、当然全ての真実が明らかにされるという理解のもとに、これらの点に同意した〉と「カルテ遺書」に残している。そして浦野教授もまた、末期の肝臓がんに蝕まれていた。

 ***

 この時期、押し掛けるメディアから身をかわそうと、浦野教授はユーモアに満ちた行動をとっていた。

...

記事全文を読む