明石家サンタで紹介の“失踪夫” ミイラ遺体で見つかる

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

〈気にかけて下さった皆様、有難うございました。(中略)半年近く経ち、ミイラ化していましたが、戻ってきて良かった〉

 とは、ある主婦が失踪した夫に関して綴ったツイッターである。これを見て昨年末のある番組を思い出す方もいるかもしれない。

「明石家サンタ」(フジ系)といえば、年にほぼ1回とはいえ1990年から続くクリスマスの時期恒例の視聴者参加型バラエティ番組。

 さんまが電話でその年の不幸話を聞き、笑える内容ならば合格の鐘が鳴らされ豪華賞品をプレゼント。例えば、脱税疑惑で芸能活動を自粛中の板東英二が電話してきた時など、名乗っただけで合格という具合だ。

 ところが、昨年はスタジオが凍りつく電話があった。

〈主人が行方不明になって2カ月経ちます……〉

 ただならぬ雰囲気に、何でも笑いに変えるさんまも、こう答えるのが精一杯。

「不幸すぎます……」

 社会部記者は言う。

「ネットでは“ヤラセではないのか”、“夫の失踪中に何をやっている”、“他の番組に相談しろ”といった声が飛び交っていましたが、主婦は番組でツイッターのアカウントまで示して情報提供を求め、千葉県警の失踪者リストにも該当者の名があることから、非難の声は減っていきました」

 藁にもすがる思いであったろうが、失踪から約半年、夫は遺体で見つかった――。

 さんまの座右の銘は“生きてるだけで丸儲け”。今年のクリスマスには、この主婦が元気でいることを報告してもらいたい。

週刊新潮 2016年4月28日号掲載