海外“御用記者”が幅をきかす「中国政府」会見

中国週刊新潮 2016年3月31日号掲載

 北京は人民大会堂の巨大な会見場に、世界中から800人以上の報道陣が集まったというから大ごとだ。

 16日に閉会した中国の全国人民代表大会。日本の国会に相当するこの年に一度の大イベント後、李克強首相が行った会見は2時間以上。習近平国家主席への権力集中でお茶を挽いていると言われていた李首相は、

「年に一度の晴れ舞台に、嬉々としていましたね。中国政府の会見は政治ショーそのものですから」

 とは、東京福祉大学国際交流センター長の遠藤誉氏。

 中国の会見で「やらせ」は常識だ。

...

記事全文を読む