新東名55キロ開通“歴女”で沸く「奥三河」

社会週刊新潮 2016年3月3日号掲載

 日本史の教科書でおなじみの長篠の戦いや、歴女注目の、柴咲コウ主演が決まった来年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』の舞台となる井伊谷城や龍潭寺――。

 これらの史跡は、新規開通となった新東名高速道路・浜松いなさジャンクション(JCT)と豊田東JCT間の55キロ、奥三河エリアに点在している。

「所管するNEXCO中日本の集計によれば、2月13日の開通から19日までの交通量は、1日あたり東名で5万台強、新東名で5万台弱。計約10万台となり、開通前より全体で1割も増えましたが、目立った渋滞や事故は今のところ起こっていません」(社会部記者)

...

記事全文を読む