春が来て「石原伸晃」TPP大臣は高級料亭でどんちゃん騒ぎ

政治週刊新潮 2016年2月18日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 前任の甘利明氏が“センテンススプリング”の一刺しで失脚し、ひと足早く“春”を迎えた石原伸晃TPP大臣(58)。就任早々、資質を不安視する声は尽きないが、問題の失言癖も、元をたどれば浮き世離れした性格に依るものだろう。だからこそ、庶民感覚からほど遠い高級料亭でどんちゃん騒ぎができるワケで――。

 ***

失言担当大臣?

 タナボタとはいえ、閣僚に返り咲いたのだから、ひとまず大人しくしていればいいものを……、彼の辞書に“自重”の2文字はないのである。それは平成26年分の政治資金収支報告書からも明らかだ。

 この年の6月16日、環境相だった石原氏が“金目発言”で大顰蹙を買ったのはご承知の通り。だが、報告書の“渉外費”の欄を見ると、それから僅か1週間後に、半蔵門のフレンチレストラン「オー・プロヴァンソー」で23万7740円を支出したとの記載があるのだ。フードライターの小松めぐみ氏によれば、

「クラシックな雰囲気で知られるフレンチの名店です。フランス料理は最大でも6名程で楽しむのが一般的なので、会計が20万円を超えるとなるとワイン代が大半を占めるはず。このお店には10万円を超える高額なワインも揃っています」

■総額726万円

 あの騒動の渦中で、高級フレンチに舌鼓を打っていたとなれば恐れ入る他ない。

 また、11月下旬には高級料亭「津やま」も名を連ね、金額は6万4800円也。

「言わずと知れた政治家御用達の有名割烹です。旬の“香箱蟹”を召し上がったなら、2人でその値段でもおかしくありません」(同)

 酒席を共にしたことのあるベテラン議員が語る。

「石原さんは政策の話は二の次で、ざっくばらんに飲み会を楽しむタイプ。酒は種類を問わずに大好きだし、2軒目、3軒目にも顔を出します。若手議員の多い会合に顔を出しても、重苦しい雰囲気にならない」

 単に派閥のドンとしての重みがないだけのような気もするが、政治部デスクは、

「環境相時代には省の幹部を会合に呼び出すこともあった。官僚は重要な密談だと思ったようですが、結局はただのどんちゃん騒ぎで“何の意味があったの?”と首を傾げていました」

 報告書には他にも、赤坂の鯛料理専門店「たい家」で10万5516円、銀座の高級おでん店「おぐ羅」で11万7810円、さらに西麻布のフレンチ「サロン・ド・グー」では15万370円と、高額の飲食代が目白押し。“(株)ホテルオークラ東京”が28回も記されている理由も、

「ホテル内に中華の『桃花林』や、フレンチの『ラ・ベル・エポック』、寿司の『久兵衛』といった有名店が軒を連ねているからだと思います」(小松氏)

 結果、渉外費だけで年間726万円を超えることに。

 石原事務所は、

「相手方や会合の趣旨など様々な要素を考慮して、会合場所を設定している」

 と言うが、店選びに偏りがあるのは間違いない。

 再び巡ってきた春に気を良くして呑めば、いつものようにポロッと本音が漏れるのは時間の問題なのだ。

「ワイド特集 浮き世に寒の戻り」より