“一色と共に甘利氏を嵌めたわけではない”という「S社」の言い分〈「甘利大臣」をハメた情報源の正体(3)〉

政治週刊新潮 2016年2月4日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「週刊文春」の金銭授受報道により、経済再生相を辞任することとなった甘利明議員(66)。告発した「S社」こと薩摩興業の総務担当・一色武氏(62)は“元右翼”の経歴をもつ人物で、土地トラブルを巡りURへの口利きを依頼する目的で甘利氏に接近。“千葉に後援会を作る”と持ちかけた。一色氏自らも後援会幹部に就いたが、その発会式は出席者が25人前後の、寂しいものだったという。

 ***

 発会式では、AKBもどきのアイドルが10人ほど壇上で踊る余興が行われた。パーティー後、出口で挨拶に立った彼女たちに、出席した県議が“おお、君たちお持ち帰りできるのか?”と発言。それから数日後、この県議は一色氏から薩摩興業の事務所に呼び出されたという。

「一色さんは、県議を舐め回すように見ながら、“先生、甘利先生の地元の後援会の人たちも来ていたんですよ。その人たちが、千葉の県議は品がないと言ってますよ”と、やけに丁寧な口調で話し始めた。それに対し、県議は“そんなこと言ったっけ?”とシラを切ると、“いや~、パーティーのことは全部記録してますから”なんて、暗に録音していたことを匂わす。県議がどうすればいいのか聞くと、“さあ、どうすればいいんですかね”と曖昧に答えるだけ。その後も1、2回事務所に呼ばれ、ほとんど同じ話をされたとか。そこで県議は、これはお金を要求しているんだな、と気づき、地元の警察に相談に行った。それ以来、一色さんと付き合うのを一切止めたそうです」(警察関係者)

 前出(※(1)を参照)の右翼団体Bの元幹部も、

「一色という奴は、私との会話も黙って録音していた。胸ポケットから録音機を取り出し、“ほら、今の会話、録音してますから”と平気でやる人。録音マニアと言っても過言ではありません」

■切り捨てて、タレこんだ

 文春の記事では、50時間に及ぶ録音データがあるという。こちらは、まんざら嘘でもなさそうだ。白井市の自民党関係者が言う。

「一色が薩摩の総務担当者としてURとの本格的な交渉に乗り出したのは、甘利事務所と付き合ったこの3年くらい。地元では、むしろ気性の激しい、薩摩の社長の方が知られた存在です。それもあって、この地域の政治家で、薩摩興業と付き合っている者はいない。甘利さんは、よくもあんな会社にパーティーをやってもらったね」

 全国紙の社会部記者は、文春の記事を、

「薩摩と一色は補償交渉でURからお金を取ろうと、甘利を利用しようとした。が、動きがよくなかったため、切り捨てて、文春にタレこんだという構図でしょう」

 と見立てる。

 さて、当の一色氏は、

「取材はお受けしません」

 一方、薩摩興業は、

「文春の記事は、一色の一方的な主張が書かれているだけです。私達はただ驚き、未だに彼がなぜ告発したのか理解できません。薩摩興業が一色と一緒になって甘利氏を嵌めたという見方がなされていますが、それは間違い。今回の記事は一色が勝手に動いてできたものです。現在、社長と一色は、関係が完全に切れています」(社長の代理人)

 と、意外な回答があった。

 UR関係者も明かす。

「文春の記事が出る頃、UR側から薩摩興業に対し、補償の具体的な金額が提示されるはずだった。一色氏の行動は不可解というほかありません」

 甘利氏らの脇の甘さには呆れるばかり。「ゲスの極み」と言わざるをえない。

「特集 『甘利大臣』を落とし穴にハメた『怪しすぎる情報源』の正体」より