「高橋由伸」新監督がどうにも打てそうにない番記者から質問変化球

野球週刊新潮 2015年12月31日・2016年1月7日新年特大号掲載

 球界一の人気球団、読売巨人軍は、常に世間の注目を集めることは言うまでもない。当然、監督の発言も何かと記事になる。だが、マスコミの囲み取材を受ける高橋由伸新監督(40)の表情はいつも硬く、サービス精神はゼロのようだ。これでは、番記者からの質問変化球は打てませんぞ。

 ***

 未だ現役に未練があって渋々監督をやっているわけではなかろうが、記者から取材を受ける時の高橋監督は、楽しそうには見えない。

 スポーツ紙記者が言う。

「前任の原さんは、いつも明るく、記者に対しても常にサービス精神旺盛な人でした。

...

記事全文を読む