超ド級の難工事 リニア「深さ1400m」の攻防

社会週刊新潮 2015年12月31日・2016年1月7日新年特大号掲載

 黒部ダム建設を題材にした石原裕次郎主演の『黒部の太陽』然り、青函トンネルの難工事を描いた高倉健主演の『海峡』もまた、大自然とヒトの攻防をスクリーンに蘇らせた大作である。

 それらに負けず劣らずの難工事が始まるのが、2027年開業予定のリニア中央新幹線。中でも工期が10年にも及ぶ南アルプストンネルだ。12月18日、山梨県早川町でJR東海が主催した起工式を機に、本格的な掘削を進める。

「山梨、静岡、長野の3県に跨る全長25キロの隧道のうち、着工した山梨工区は7・7キロ。

...

記事全文を読む