支持率を持ち直した「D・トランプ」に共和党の禁じ手

国際週刊新潮 2015年12月24日号掲載

 ボーゲンオーが飛ばしている。戦隊モノのヒーローが乗り込む巨大ロボの名ではない。スキーの滑降技術の王でもない。メキシコ人をレイプ犯呼ばわりし、対立候補をバカと罵るなど、傍若無人な言動を繰り返す大富豪、“暴言王”のドナルド・トランプ氏(69)だ。

「カリフォルニア州の銃乱射テロ事件を受けて、7日、イスラム教徒を全面入国禁止にすべきと発言し、大バッシングです」(国際部記者)

 米大統領選の共和党指名候補トップを走るとあって、ホワイトハウスは同氏の発言は憲法違反だと指摘。

...

記事全文を読む